コロナ禍で出張買取諦め、粗大ごみへ

9カ月待ったけれど

以前に出張買取を利用したことがある我が家。
本当だったら粗大ごみとなるようないくつものものを、
無料引き取りやこどものお小遣い程度でも買い取っていただくことができ、
大満足でした。

娘が中学にあがるタイミングで、
またお願いしたいと思っていました。

今年1月、
不要な物がでそろいました。

娘の机の下に引いていた小さなカーペット
➡子ども部屋に机を動かしてから不要に

台所で使っていたペンダントライト。
娘が生まれる前から使っていましたが、
2つの電球だけではどうしても暗いため、
シーリングライトを買い替えました。
買ったのはこちら
⇩画像は楽天のお店に飛びます

8畳のダイニングキッチンで十分の明るさ。
電気って大事だなと思いました💦
➡もともとの電気の傘を断捨離

結婚した当初に買ったパソコンデスク
➡パルコに入っていたインテリア雑貨のお店で買った物。
娘がパソコンをいじるようになってからは、ローテーブルを使用のため不要に。

その他

などなど
沢山引き取って欲しかった!

でも、
1月から5月はコロナウイルスが怖くて、
自宅に他の人をあげることが怖く出張買取には連絡せず。

緊急事態宣言が解除された6月に
玄関先までならいいかなと
連絡も
以前の出張買取店は
新型コロナウイルスの関係で、
そのお店がある地域のみ対応中。。

再度連絡するも
うちの方までこれるようになるのはいつかわからないと
8月に電話で言われ、

粗大ごみに出すことにしました。

売れるならこの際もうちょっと待ってみようかと思いましたが、
何を売る予定なのか聞かれたので、言ってみたところ、

『今回は買い取れるより、ゼロ円またはお金をいただいて引き取りのものが多くなるかもしれません』

と言われたのも大きいです。
まさかお金を支払い持っていってもらうことになるなんて思っていなかったので、

ならば
地元の粗大ごみに出そう。

となりました。

今回は上記の中から一部。

粗大ごみ費用 2,200円也

もったいないなと思いますが、
老いて置けるスペースはないし、

使わなくてほこりがかぶるのも嫌なので、

すっきりと粗大ごみへ。

コロナの影響で
わが家に影響がでたものの1つでした。

出張買取化から粗大ごみへ変更